透析患者さんって独特な性格の方が多いと言いますよね・・・。透析気質らしいですが。

透析患者さんって独特な性格の方が多いと言いますよね・・・。透析気質らしいですが。

pixta_12210631_S.jpg
透析を受けている患者さんは、透析をしなければ生きて行く事ができません。
透析中に体調不良になる事は多々ありますし、急変する事もあります。
そのような不安を常に抱えていて、苦痛と戦いながら闘病生活をしています。
機械を操作するのは看護師ですし、もし急変を起こした時に、適切な対応が行われなければ、命に関わる危険もあります。
透析を行う時には、看護師に命を預ける事になります。

透析というのはそれほど大変な事ですから、患者さんはとてもナーバスになっています。
自分の命を預けるのですから、看護師を見る目もかなり厳しいんです。
長年透析を受けている患者さんというのは、自分の病気の事を良く理解していますし、
医療関係者以上に知識が豊富な方も少なくありません。
その為か、新人看護師や、仕事に慣れていない看護師には、不安感を抱いています。
看護師が信頼できない為に、クレームが出る事もありますし、新人看護師が患者さんから苛められる事もあります。

常に不安や痛みや苦しみを抱えていますから、独特な性格の方が多いのもわかる気がします。
自分の状態を良く理解している患者さんは、慣れない看護師の事を試しているような雰囲気もあります。
看護師を試す事で、その人の性格などをチェックし、信頼できるかどうか確認しているのかもしれません。

透析の患者さんは実にいろいろなタイプの方がいますが、どのような患者さんにも、信頼してもらえるようになる為には、
早く一人前になる事が一番です。
独特な患者さんが多い為に、透析室というのは、病棟とは違う雰囲気があります。
でも、患者さんと信頼関係を築く事さえできれば、とてもやりがいのある職場です。
透析の仕事はスキルアップできる仕事でもあります。

2014年4月25日|